大学時代に家庭教師の経験はある

少し前に、知人から「うちの子の勉強をみてやってほしい」と頼まれ、中学生の子どものプチ家庭教師をしたことがあります。折しも定期試験の前だったため、試験勉強のサポートという形で中学生の勉強を教えました。私自身、大学時代に家庭教師の経験はあるものの、社会人以降、家庭教師をしたことがなかったため、今の中学生がどんなふうに勉強をしているのかを事前にリサーチすることにしました。リサーチしていくうちに、今、中高生を中心に勉強アプリが人気だということを知りました。

最初に勉強アプリのことを耳にしたとき、「アプリで勉強なんて、集中できなさそう。スマートフォンに入ってくるラインやメールの通知に気を取られて、結局勉強なんてはかどらないんじゃないだろうか」という印象を抱いたことを覚えています。

ただ、興味があったので、自分でも勉強アプリの中学生が無料で利用できるものをダウンロードして使ってみることにしました。すると、これが大人の自分でも結構使えるアプリであることがわかりました。利用者が興味をもって使い続けられるような工夫がなされているのです。私が利用する前に一番懸念していたのが、「問題を解くときに、すぐに答えがわからなかったり、説明がなかったりしたら、すぐに気が散って、そのうち飽きるんじゃないだろうか」という点だったのですが、アプリに出題されている問題に対して、きめ細かい回答、解説がくっついていて、レベルを問わず、難なく理解できるようになっていたのが驚きでした。家庭教師がいなくても、塾に通っていなくても、定期試験対策にもばっちり使えるアプリは優れものだと思います。